撮影ときどき釣り。//フォトグラファー、ビデオグラファー、フィッシングガイドという管理人による撮影覚え書きと日々の悲喜こもごも、ときどき、フライフィッシングの話題を綴るウェブログです。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/08/25 (Sat) 疾風と豪雨。

夏の終わり。お昼前。連日猛暑日の去ったある日。

天気予報では十勝地方は終日曇りなのに、川につくと雨がぱらぱら降ってくる。見上げた両岸の山すそや岩場には霧が立ちこめモノクロームの水墨画のよう。

対岸のスリックな流れ、ヒラキのどんづまりでライズを見つけて渡渉した。

流下しているのは、テレストリアルから水生昆虫までいろいろのはず。ライズフォームもばらばらで、シッピング、バルジング、スプラッシュなどライズフォームの見本市のよう。岸辺で見つけたのは10番サイズの大きめの羽アリだけ。参考になるような、ならんような。

ライズまでは適度に遠く、場所はだだっ広くて適当な目標物もなくサカナが定位している箇所を特定しづらい。そうなるとドリフトしなければならない距離も長くなりがち。さらには、スプークされないようにティペットがサナカの頭を越えないと思われるレーンに投げるしかない。そんなことを頭の中で巡らせながら、岸辺の砂が濡れたシャツの袖口にくっついてジャリジャリこすれているのに少しイラつきつつ、ペタリと座り込んだまま次のライズを待った。

結んだのは、羽のついた陸生昆虫全般をイメージして巻いたヴァリアントなパターン。ベチャリと水になじませたいからフロータントはなし。

ぽちり、と小さくフライをくわえた瞬間から、周囲のほかのライズをすべて潰し、スプールを逆転させまくって、ものすごい速さで、上流へ下流へ遠くへと走り尽くした疾風のようなマスは、やがてネットに収まった。

_S091285.jpg

そのパワーから想像するサイズに反して、てんで大きくない。けれどコンディションは最高レベルで一条の乱れもない雌。顔つきはまだあどけなくて、少し前までリクルート活動やってた社会人一年生のOLさんくらい。ともあれ、この川のニジマスらしい、端正で麗しいお姿。

なにより、頭部のうしろ、
背中の筋肉の盛り上がりを見てほしい。


_S081281.jpg

あの走り、さもありなん。

原始を感じさせる濃厚な自然。夏の終わり。地点やレーンを絞りにくい広くフラットな流れ。難解なライズ。そのアプローチ。フライパターンと使い方。魚の大きさ以上の喜びを与えてやまないすべてのクオリティにおおいに自己満足した。

撮影をすませて、タバコをいっぷくしていると大粒の雨が降りだす。

明確に身の危険を感じるくらいの迫力でザーーーーーッとはじまって弱まる気配がない。水面からは水煙が立ちこめ、周囲にそびえた高い森の木々がざわめいて、無言のまま、森の奥の漆黒だけがこちらを睨んでかえす。

シャツを伝った雨水がヒタヒタと下半身とたっしたところで、足早に川を後にした。


スポンサーサイト

釣りの覚え書き2012 | trackback(0) | comment(0) |


2012/08/21 (Tue) コンパクト・デジタルカメラX10

コンパクト・デジタルカメラ、みなさん何をお使いですか?

わたくし、今年の春から使っているのは、富士フィルム社のX10です。
本木さんが出演するテレビCMでプロモーションしているアレ。

_MG_0813.jpg

「軽量コンパクト、レンズ交換なしで標準ズーム付き、マクロ撮影ができて、首から下げられて、イザという時はA3程度の印刷原稿になる写真が撮れる便利カメラ」。
そんな条件でチョイスしたらこのカメラになった。

もとより僕がサンゴー(35ミリフルサイズ)より小さな撮影素子をもつカメラに望むことといえば「何もかもが写っていること」だけだ。

そもそも小さなフォーマットのカメラの最大の利点ってなんだろう? 

僕なりの答えとしては、大判カメラと比較した際、同じ光量時により被写界深度の深い写真が撮れること。この点にほかならないと信じている。いわゆる”ボケ”がほしいならアシを立て、大きなフォーマットのカメラを使うのが道理だからだ。

とまあ、もっともらしい理由をつけて手に入れたX10。

買って手元においてしみじみ使ってみると、フォルムは昔事務所に転がっていたライツミノルタCLみたい。しかも真似ぐあいが”ぶちゃいく”だ。塗装も薄くて安っぽいし、虎の子といえる光学ファインダーがついているものの実際に使ったのは開封した時だけ。コントラストのある被写体でもAFは迷いがちだし、逆光には滅法ヨワい。X10の癖を知るまで、「なんでこんなカメラ買ったんだろう?」とまじめに後悔した。

別売りで買った、ライツ純正品をオマージュした(ような)純正フードは2回ほど使って取り外した。さしても遮光効果がないうえに、その形ゆえにフライラインが引っかかるのだ。

仕方ないので、カッコ悪いけどレンズ前玉の口径に合うものがないからサードパーティ製の保護フィルターとレンズキャップを付けた。キャップに付属していた紐が貧弱すぎて切れそうだったから、パーフェクションループで結んだフライラインの切れっ端をつけ、ストラップをOP/TECH USA社のモノに交換したら、少しだけ愛着がわいた。使い続けると撮った写真にヒットが出た。PHOTOSHOPで開いた絵をEIZOの業務用モニターで確認しても破綻がないのだ。そしてX10は今も手元にある。

ひとまず、釣りをしながら撮る写真なら、この1台でこと足りる。

業務用で鍛えた富士フィルムの血は流れている。使い方しだいでは「見て見て!」と人に自慢したくなるくらい、びっくりするほど隅々までシャープな写真を写すことができる。



撮影機材 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

管理人

Author:管理人
フォトグラファー、ビデオグラファー。フィッシングガイド。撮影事務所「Little T&A」、北海道・十勝のフィッシングガイド・サービス「ポロシリフライズ&ガイド」の代表をやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。