撮影ときどき釣り。//フォトグラファー、ビデオグラファー、フィッシングガイドという管理人による撮影覚え書きと日々の悲喜こもごも、ときどき、フライフィッシングの話題を綴るウェブログです。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/26 (Fri) 2012年上半期。

10月も終盤でドライフライの釣りもいよいよ終わり。春先からこれまで、固定のクライアントさんや一部の雑誌を除いては肝心の撮影仕事はやっていなくて、ほとんどの時間を釣りに使った。その間、いろんな出来事が。

_DSF4460.jpg
そういえば、品川時代から長い間、撮影に釣り旅にと活躍してくれたわがB46だけど。

_DSF0795.jpg
7月26日、阿寒湖に取材撮影に向かう途中、足寄の峠道で煙を上げて停車。原因はオイルクーラーのホース破損。スタッフに足寄まで迎えに来てもらって、車はそのまま北見のディーラーに入院した。仕方がないので修理期間中の8月の半ばまでは保険を利用してレンタカー生活を送った。いろんな理由があって、修理完了からまもない9月11日に、B46は僕の手を離れていった。都内のスタジオ撮影に行くには、きみは理想のクルマでした。ありがとう、B46! 

_S462284.jpg
9月11日にわが家にやってきたのが、レトリーバー×アイリッシュセッターのミックスのRIO。厚岸町の牧場生まれで名前はスペイン語で”川”の意。ちょうど生後3ヶ月の頃にもらってきたから、これは保育園児くらいの時の1枚。

S0123419.jpg
RIOはまさにすくすく成長して体重も13キロを越えた。人間でいくならまだまだ小学生低学年くらいだし訓練中の身だから仕事のお供はできないが、オフの日は川に連れていくことも。川もずいぶん渡渉できるようになった。


S0022761.jpg
この夏は、20年ぶりにオートバイも手に入れた。ちゅうぶる(中古)だし、あくまで業務用目的のスクーターだから味もなにもないけれど、100cc2サイクル空冷エンジン、すごい燃費の働きものです。これで釣りに行くと、車に給油するのがバカらしくなります。もっぱら村内の林道で稼働中。弱点は長時間フルスロットル時に発生する熱ダレ。クラッチやベルト類の交換など、真冬にサンテラスでオーバーホールする予定。


S0033392.jpg
自宅兼事務所のサンテラスから見える眺め。この樹はヤチダモというタモの仲間。バットや家具などになる堅木だそうです。ヤチダモの葉っぱがぜんぶ落ちる頃、十勝は本格的な冬を迎えます。


S0473161.jpg
10月も半ばになれば、気温は日中でも10℃前後。オートバイで山に釣りに行くのはちょっと辛いのです。Mの顔がそう言っています。


S0033405.jpg
そんなわけで、車の登場。B46の後釜として見つけて、はるばる札幌まで引き取りに行った車はランドクルーザーのLJ78のナロー。4輪駆動のクロスカントリー車は20代後半以来です。あたりまえですが、不整地や林道でも足が長いから、B46のようにお腹をこすることは皆無に。ハードコアなCCVじゃあないですが、それでも十勝での暮らしでは頼りになることしきり。本来5ナンバーのところを変更申請をして業務用の4ナンバーとして登録。現在、新たな相棒として活躍中です(知らなかったけれど、この車前列と後列シートを倒すとけっこうな広さのフルフラット状になる。もともとスクエアな型の車輛だから車内も広く、セカンドシートを前にはね上げたら小型スクーターもちゃんと積載できた。しかも、車中泊ができるとは!)。写真は本日届いた純正鉄っちんホイール付きのスタッドレス・タイヤ。冬に向けての準備が着々と。

S0143424.jpg
ガイドサービスの屋号にも使わせていただている十勝・幌尻岳(1846m)。2012年10月26日、16時17分撮影。今年ももうすぐ年の瀬なのですね。

スポンサーサイト

雑想ノート | trackback(1) | comment(0) |


2011/12/27 (Tue) Mac Book Proから異音。

新年まであと5日。仕事納めまであと数日という本日。

事務所にきていつものようにMacBook Proの電源を入れた。
見慣れたデスクトップ画面が現れたあたりで、


ぐぉーん、ぐぉーん、ぐきゃぐきゃ、からからから!


と、ものすごい異音がわがマックからするではないか! 恐る恐るマウスを動かすと、ハードディスクにもアプリケーションにもアクセスできる。

本体に耳を当てると左側のスピーカーあたりが震源地。原因はどうやら冷却ファンらしい。至急、Macを終了させて経理用のlenoboノートを立ち上げ、ネットサーフィン。情報を見まくってああでもないこうでもないとやること数時間、結局、数回本体を軽く”叩く”と異音が収まって、とりあえずはことなきを得た。

ふだんから動画も写真も撮影データは、外付けHDにしか入れていないからよいようなものの、久しぶり、本当にびびりました。

さて、今回の騒動に端をなしたネットサーフィンで拾ったのがマックのメンテナンス解情報サイト。


スクリーンショット(2011-12-27 17.34.43)
ifixit



このウェブサイト、なにせ大半のアップル製コンピュータの分解、メンテナンス情報が画像付きで解説されているのだ。もちろん、くだんの冷却ファンの交換方法もすぐに見つかった。


スクリーンショット(2011-12-27 17.35.46)


すごいウェブサイトがあるのですね。自分で分解修理するかどうかはともかく、ソースがあることを知っているのは心強いもの。いやはや、知りませんでした。


そんなトラブルをへて具体的に頭に浮かんできたのが、次期メインマシンを何にしようかというテーマ。

さほどコンピュータに詳しくはない。そんな僕が漠然と考えていた選択肢はMacBook Proだった。理由は簡単で、見た目今とおんなじExpressCard/34規格のカードスロットが、本体の横っちょに付いていたからだ。

iMacにはスロットがない。それじゃeSATAカード経由今使っているRAIDケースが無駄になってしまう。eSATAかThunderbolt経由じゃなくっちゃ動画の編集はしんどいが、Thunderbolt接続のHDはまだまだ選択肢に幅がない。それに加え、デュアルモニタ環境にできそうなポートが、iMacのつるりとした本体背面や、側面には見あたらない。そんな理解でからiMacという選択肢は消えていた。

今回、調べる気になって次々といろんなことが判明した。

なんと(よく考えればあたりまえだけど)、Thundervoltポートに接続できるExpressCard/34規格のカードスロットがあるじゃないですか。しかも今使ってるExpressCard/34規格のカードと同じメーカー製。なーんだ、こういうのがあるのか。
echo-e34.jpg
スクリーンショット(2011-12-27 17.36.29)

それにだ、デュアルモニターに関しても、専用ケーブルを使ってThundervoltのポート経由で外部モニターを使うことができることもわかった。

改めてアップルのサイトをよく見ると……ちゃんと書いてありますよ、Thundervolt経由でつなげられるって(もちろんミラーリングはできないが)。よく読みなさいよ、カタログって感じです。

雑想ノート | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

管理人

Author:管理人
フォトグラファー、ビデオグラファー。フィッシングガイド。撮影事務所「Little T&A」、北海道・十勝のフィッシングガイド・サービス「ポロシリフライズ&ガイド」の代表をやっています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。